今旬のipadアプリ開発のイロハ~ビジネスとしてのAppテク

電話

全プラットフォーム対応

電話

ipadのアプリ開発を行うという時は折角なら全てのモバイルプラットフォームに対応したアプリ開発を依頼してみるといいでしょう。同時リリースをすれば効率的に注目をあつめることが出来ます。

目的を考える

PC

ipadのアプリ開発をビジネス目的で行う時は、目的をきちんと定めておくことが大切です。その理由として目的が定まらないとビジネスとして関連付けることが難しくなるからです。新しい付加価値を付ける事も大切でしょう。

開発業者とフリーランス

PC

ipadのアプリ開発を行うためにはアプリ開発業者に依頼するか、フリーランサーに依頼するかの2択になることが多いです。どちらもメリットがありますが、勿論リスクも有りハードルも大きく異なります。

意外と見落としがちな保守

システム

ipadのアプリ開発を外注して、アプリをリリースする事が日常茶飯事に行われるようになりました。アプリ開発を外注する理由は様々でしょうが、アプリ開発に関して全く知識が無いという状況の中で外注をするという時は、アプリリリース後についてもしっかり考える必要があります。アプリ開発について開発して終わりと考えている方も多いかもしれませんが、一旦リリースすると公開を中止するまで基本的にバグフィックスとの戦いになってきます。完璧なアプリ開発を行うのは基本的に無理な話で、使う人の環境が異なれば様々なバグがアプリに生じます。こういったバグはマーケットの口コミなどに投稿される事もあれば、直接連絡される事もあり、こういったれんらくを受けるとバグフィックス作業を行う必要があります。割り切りでアプリ開発を外注してしまうと、リリース後のバグフィックスが十分に行えない可能性が高まります。自社でアプリ開発に関する技術があるのであれば問題ありませんが、お門違いで全くない場合はバグフィックスが出来ない状態にしてしまうでしょう。勿論別会社が作成したアプリを別の会社がバグフィックスをするという事は出来ないわけではありません。しかしアプリ開発は人の数、会社の数でルールや開発工程が異なり、全てとして同じ開発ではありません。つまり別会社の開発したアプリを嫌う会社も実は多く、アプリの規模が大きければ大きいほど受け継ぎが不可能になることもよくあることです。こうなるとバグフィックスが出来る状態にするまで時間がかかることになり、ユーザーの評価はどんどん下がっていくことになるでしょう。まずアプリ開発を外注して依頼するとなれば、リリース後の保守管理を含めた契約が可能な会社を探す必要が出てきます。ipadの大きなシステム変更でゼロベースでの再開発が必要になっても対応できる、保証できるような会社は実は多く、こういった会社に依頼することが大切なポイントになってきます。リリースしたアプリが注目される期間というのは非常に短く、アプリの寿命はせいぜい持って2年から3年程度です。この期間の間に如何にユーザーに対して素晴らしい体験を提供できるかが肝になり、最低でもこの期間は積極的にバグフィックスが出来る状態にしておきたいでしょう。